大石輝一


大阪に生まれる。交友のあった佐藤春夫
のすすめで1916年上京し本郷洋画研究所
に学ぶ。大震災後に帰阪し、大阪市美術
協会に出品を重ねる。
後に美術研究会を開き1934年みずからが
設計、装飾した茶房パボーニを西宮の夙川
河畔に開く。
若き頃の遠藤周作、野坂昭如、小松左京ら
も集う文化サロンとなった。
更に後年、放浪画家山下清も度々訪れた
ことでも有名になった。
1972年死去。享年77歳。